払いすぎた利息はどうやって請求するのは?

 

払いすぎた利息『過払い金』は、それぞれの貸金業者へ請求することになるのですが、ここで流れをかんたんに説明します。

 

過払い金返還請求の流れ
貸金業者への受任通知の発送

受任通知が届いてからおよそ1~2か月程度で貸金業者から取引履歴が届きます

 

利息制限法による引直計算

高金利で借入れをしていた場合は利息制限法で再計算して過払い金額を算出します

 

貸金業者への過払い金返還請求

最近は、任意の交渉で和解になることはほとんどないので、提訴します

 

和解成立

訴訟をしても和解に至らない場合は判決を取ることになります

 

貸金業者からの返金

専門家に頼んでも、手続開始から入金までの期間は3か月~半年程度かかるそうです。個人ではもっと?

 

あくまで、私が調べたものなので大ざっぱですみません。

 

と、いうのも私は家族や会社など回りに気づかれかたくなかったので、専門家に頼んでしまったからです。
個人でも請求は可能なのですが、請求金額によっては裁判所に出向かなければならないなど社会人にはちょっと難しい問題が多いのです。
また、用意すべき書類もたくさんありそれはすべて自分で作ることになります。

 

先ほど、説明したように、過払い金の請求には時効(期限)がありますので、もたもたしていると戻ってくるべきお金が戻らなくなってしまいます。
時効まで、それほど猶予がなかった私は、専門家に依頼して素早く処理してもらい、おかげで専門家への報酬を払ってうえで160万円ほど返してもらうことができました。

 

もし、個人で請求処理をするのはちょっと厳しいかなと思う方は、専門家に頼む方法も検討してみてもいいと思います。

 

私個人的にも、以下のような方は、むしろ専門家に頼むべきかなと思います。

 

  • サラリーマン・OLの方
  • 家族に内緒にしたい方
  • なるべく早くお金を返してほしい方
  • 法律を勉強するには苦手な方
  • 文書作成が嫌いな方

 

ちなみに、私はこの全てに当てはまりました(^^;

 

 

どの専門家に頼むかはあなたの自由ですが、中には専門家と称して実態は詐欺を行っている悪徳業者もいるようです。

 

 

これらの悪徳業者は、ホームページもしっかりしていて一見しただけでは悪徳業者とはわかりません。
更に最初の電話での対応も専門的な言葉を使った説明をしてくるので、素人の方ではまず見抜けないそうです。

 

過払い金が戻るどころか、逆にお金を取られたのではたまったものではないですよね。

 

よく調べてから相談することを強くおススメします。

 

一様、私が調べた専門家を乗せておきますので参考にして見てください。

 

こちらの専門家はどれも本物です。安心して任せられますよ。

 

安心して任せられる法律事務所

↓安心して任せられる法律事務所↓


普段の生活に支障をきたさないで『過バライ金の請求』をするためには
多少の弁護費用を払っても、専門家に任せるのが得策です。

その方が、断然近道だと私は思います

過バライ金の請求には期限が有りますので、出来るだけ早めに行動してください。


【相談無料】【全国対応】【即日取立てストップ】

依頼者の85%以上が相談して良かった!と満足の法律事務所
土曜日、日曜日、祝日、夜間と24時間受付可能なので一人で悩まないでまず相談!
 
【即日取り立てストップ】【相談料0円】【費用分割可能】
粘り強い交渉で、依頼者様に出来る限り有利な条件で和解交渉を締結させます。
家族に内緒の借金もヒミツにしたまま債務整理の手続を進めることもできます。
 
無料&匿名OKの【借金解決診断シミュレーター】
過バライ金から債務整理の改善方法を無料・匿名で診断可能!
3つの質問に答えるだけであなたに合った減額方法や返済額がわかります。
 
【即日取り立てストップ】【相談料0円】【費用分割可能】【全国対応】
実績がぴか一!おしなり法律事務所ならあなたの悩みを解消でいるかもしれません。
まずは、借金の無料相談から始められます。
 


かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は
かバライ金請求人気1位は